2021年09月15日

先取り授業+学び直し授業がアドバンスの特徴の1つです


これは中学生の授業の一例です。

 

総合進学塾アドバンスでは、一人一人の目標・習熟度に合わせたオーダーメイドの授業を作ることができますので、上記の青い「先取り」の授業だけでも、青と赤の「先取り+復習」の授業にしても、料金は変わりません。

 

通常の個別指導であれば、1コマ増えればその分料金は追加になりますが、総合進学塾アドバンスは「学びホーダイ・通いホーダイ」ですので、先取り、復習も自由自在というのが大きな特徴ではないでしょうか。

 

保護者の方も今年の中学生の教科書改訂で、一気に難しくなった英語(特に英単語が非常にヤバイデス・・・)で、去年までならテスト前に英単語をしっかり覚えることができたものですが、新教科書では、それでは確実に間に合いません。例えば

 

中1のLesson3では、

 

bitter・taste・climb・wish・souvenir・castle・crowded・guess・perform・entertainer・cheerful

 

なんて言う語が普通にガンガン出てきます。

 

 

中2のLesson3では、

 

valley・because of~・unique・excellent・moist・hang out・grader・knit・however・provide・tiny・come into・fiber・solution・waste・bamboo・shelf・aquarium・obey

 

 

中3のLesson4では、

 

introduce・costume・fairy・recipe・talented・everywhere・adjustment・involve・content・translated・whole・relate・attractive・unfamiliar・behavior・adapt・patient・sincere・confident・passionate・explain・skillful

 

 

などなど、いままでは高校で見かけたなという英単語が中1からどんどん入ってきています。

 

これでは、テスト前だけでは当然暗記すら間に合わないのがよくご理解頂けるのではないでしょうか。

 

 

そこで、総合進学塾アドバンスでは、昨年までのテスト前の英単語テストを繰り上げ、期間を定めて英単語プリントを配布し、それをコンスタントに学習してもらい、テストを実施するというのを今年から行っております。

 

この夏休み明けも、夏休みの課題として出しておいた英単語プリント(2学期の中間の範囲をメインに)のテストを実施し、一発合格する生徒もいれば、合格点に達するまで再テストを行う生徒もいたりしております。これはテスト前だけの短期記憶ではなく、普段の学習に定着できるような長期記憶に英単語学習をもっていかせる大きな転換として捉えております。

 

 

そんなこんなで話は逸れましたが、アドバンスの授業は、英語と数学については週2回を基本としており、それ以外に復習を追加したり、他の教科を追加したりは自由です。しかも毎週決まった規定曜日ではなく、比較的余裕のある時だけ授業を増やしたりすることもできるのが、「学びホーダイ・通いホーダイ」の大きなメリットです。

 

とかく中学生の個別指導は学校の定期考査があるため、当該学年の学校進度に合わせて行うというのがオーソドックスではありますが、例えば前学年、前々学年などに積み残しを多く持っているお子さんが、当該学年の今の範囲だけを学習しても、中々点数が伸びませんし、ましてや実力養成には程遠い学習方法になってしまいがちです。

 

積み残しを持っているお子さんは、学校の定期考査対策として先取りを行いつつも、前学年、前々学年の積み残しの「遡行学習」(わからなくなっている単元に戻り学び直すことを言います)を行うことが絶対に必要になります。わからなくなっている所に戻るとなると、遠回りのような気がして、お子さまはもちろん、保護者の方も難色をお示しになられる方も中にはいらっしゃいますが、それは正しくありません。積み残している所に戻り、そこを固めていくのが一番の近道となります。

 

 

ただ、他社の個別指導であれば、「先取りをやる授業のコマ」+「遡行学習を行う授業のコマ」を同時に受講すると、とてつもない料金になってしまうこともあり、遡行学習が正しいのはわかっているけど、やむを得ず経済的に「今の学年の学習だけ」になってしまっているのではないでしょうか。

 

壮大な目標になりますが、「経済格差が教育格差になってはいけない」との思いがあります。やる気のあるお子さんがたまたまの経済格差によって、その将来の可能性を失っては、これからの日本の将来には大きなマイナスです。私どもが行えることは微々たるもので、微力なことではございますが、「勉強することの大切さ」を学びホーダイ・通いホーダイを使って、一つのきっかけにしてもらえればと切に願う次第です。

 

 

総合進学塾アドバンスでは、「学びホーダイ・通いホーダイ」ですので、「先取り+遡行学習」でも料金は変わりません。入塾基準も大枠では定めておりますが、大きな基準は「本人が頑張って成績を上げたいと思っているか」というご本人が頑張りたいという気持ちを持たれているかということを大切にしたいと思っております。

 

 

是非、教科書が難化した今だからこそ、過去の積み残した単元をしっかりと遡行学習する時間を取れる総合進学塾アドバンスで、成績向上を目指していきませんか。保護者の皆様とご一緒にお子さまの成長を伴走、応援していきたいと思っております。お気軽に塾長阪本までご連絡頂けましたら幸いです。